毎日持ち運ぶバッグはきれいに長く使いたいですよね。
おうち時間を使って、普段はしないバッグのお手入れにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
バッグのお手入れって?保管の仕方は?
そんな疑問を解決するバッグのお手入れ方法をご紹介いたします。

普段のお手入れ方法

用意するもの

ブラシ

タオル2~3枚

中性洗剤

こまめに乾いた布や柔らかい毛足のブラシで全体のホコリをとりましょう。
外側だけではなく、内装側にもごみやほこりはたまりがちなのでチェックを。

ナイロンジャカード生地部分の汚れなどが気になる場合は、ぬるま湯に中性洗剤を少量といたものにタオルや柔らかい布を浸し、固く絞ったもので少しずつ様子を見ながら叩くように拭いてみてください。

※汚れの種類によっては、取れにくい落とせない場合もあります。

革パーツ部分は濡らさないようにご注意を。
その後、洗剤を含まない絞った布で同じように叩くように拭いてから、乾拭きし、陰干しして自然乾燥で仕上げましょう。

革パーツ部分のお手入れの際には、革に合ったクリーナーやレザークリームを。
初めてのご利用の際には必ず目立たない箇所でテストしてからお使いください。

防水スプレーについて

ナイロンジャカード生地自体、元々は弱撥水加工がされている生地ですが、使っていくうちに効果が薄れてきます。
もし追加で防水スプレーを使われるのであれば、素材に適したものを選んでいただき、使用上の注意を確認の上、ご利用ください。

通気性のよいところで、全体に振りかけるようにすることがポイントです!
・1箇所に集中して掛けると生地にシミが残る場合があります。
必ず目立たない箇所で試してからご利用ください。
・持ち手が革の場合、こちらにも防水スプレーをかけておくと雨やその他水分などによるシミなどの発生を軽減することができます。
こちらも素材に適したものを、必ずテストしてからご利用ください。

保管について

必ずお手入れしてからの長期保管をお勧めいたします。
保管する際に綺麗にしておくと、次使うときに気持ちよくお使いいただけます!
バッグの保管に際しては、カビ、型崩れ、変色といったトラブルが心配になると思います。
素材に限らず、新聞紙などを白い紙で包み、詰め物として内装にいれておくことをお勧めいたします。
型崩れ防止や湿気取りに!

また、付属の保管袋や不織布の袋など、通気性の良い素材の袋に入れ、他のバッグなどとは密着したまま保管しないようにしましょう。
どのような素材でも、直射日光、湿度の高い場所は避け、風通しの良い場所を選んで保管し、月に一回程度、天気の良い日に取り出して、状態のチェックと陰干しをしましょう!