PAPILLONNER

SADA MAYUMI meets PAPILLONNER No.3 - AUTUMN AND WINTER 2020

Recommend Bag

「私は荷物が本当に少ない方だと思います。けれど子どもが
小さい頃は、そんな私でも荷物がものすごく多い時期もあって…
ようやく今コンパクトな荷物で大丈夫になり、自由にバッグを選べることが本当に夢のよう。
その日のスタイリングや気分に合わせて、バッグ選びを自由に楽しんでいます」
そう話す佐田真由美さんの、お気に入りはこの4つ。

  • BAG
    (PAPILLONNER×ROBERTA PIERI)
    35,000yen+tax
    今年20周年を迎えるパピヨネ。それを記念して〈ロベルタピエリ〉とのコラボバッグが登場します。パピヨネの別注カラー、限定のタグ付き、便利なポーチ、とスペシャルなデザイン。 「大きめのサイズ感だけれど、軽いので日常にもちょっとした旅先にも便利そう。今日は移動が長そうだなぁと思う時は、必ず本をバッグに忍ばせるので、そういう時はこんな大きめバッグを選びます。普段はTシャツ×デニムのようなカジュアルなスタイリングが多いので、あえてこういう高級感がありさり気ないアクセントとなってくれるバッグを合わせると、ラフになりすぎず、大人のカジュアルに」
  • BAG
    (PAPILLONNER)
    22,000yen+tax
    コロンとしたシルエットが愛らしいコンパクトなバッグは、必要最低限の荷物を入れて軽やかに出かけたい。シンプルでいて、女性らしい可愛さも漂うバッグはどんなスタイリングにもマッチします。 「荷物が少ない私にピッタリのサイズ感。お財布、携帯、リップが入れば充分。このバッグに貴重品をだけを入れて、サブバッグと2個持ちするのもいいかもしれません。白バッグって、とても万能なので重宝するんです。シーンを選ばないので私の中でスタンダード。ちょっとしたお出かけに毎日持ってしまいそう」
  • BAG
    (STORY)
    17,500yen+tax
    ものをざっくり入れられる使いやすいデザインと、長めの持ち手のスクエア型バッグ。コートを着ても肩がけできるのが嬉しい。A4サイズのファイルも入るので、仕事用バッグにも最適。ダークブラウンの落ち着いたカラートーンで秋冬モードに。 「全身ベージュでグラデーションを楽しんだり、カラーでスタイリングを遊ぶことは多いので、ブラウンやベージュでまとめたスタイリングの時にこのバッグをグラデーションで合わせたい。荷物が少ない日は、クラッチのような持ち方をしても、また新鮮です」
  • BAG
    (PAPILLONNER)
    16,000yen+tax
    サークルシルエットショルダーバッグは、片面は無地、もう片面には柄入りのデザイン。薄型で丸みを帯びたデザインが女性らしい印象も。バッグの中は、ポケットが充実していたり、取り外し可能なポーチなど、デザインだけじゃなく機能性にも優れています。 「美しいアイスグレーは、女子会などファッションに気を遣う時に色遊びアイテムとして活躍しそう。小さいバッグには珍しい、内側のポケットがとても便利。ベルトは調整が可能なので、その日のスタイリングに合わせ、フィットする長さに」
  • Model
    Mayumi Sada
  • Photographs
    Mai Kise
  • Stylist
    Kasumi Kato
  • Hair
    Koichi Nishimura
  • Make-up
    Kazuko Hayasaka
  • Interview
    Maki Kakimoto
  • Art Director
    Yoshihide Uchida

RECOMMEND ITEMS - AUTUMN AND WINTER 2020 No.3