2021 Autumn WinterOUTER Collection

BLOOM&BRANCHがセレクトするアウターの中から特におすすめしたい、ドメスティックブランドのアウターをピックアップしてご紹介。 日本のブランドだからこその確かな品質と、日本の気候にマッチする汎用性の高いアイテムが揃いました。

ITEM 01

DOUBLE CLOTH
LIGHT MELTON
CHESTERFIELD COAT

真冬も暖かく包み込んでくれる、
二重織りメルトンの安心感

素材にとことんこだわりながら、
時代の気分をデザインにさりげなく落とし込んだ
AURALEEのコートは、
いつの時代も飽きずに手に取りたくなる、
そして年月を経るたびに愛着は増していく、
そんなパートナーとなってくれるはず。
上質な極細繊維のスーパー120’S原料のウールを
紡毛に紡績した柔らかな表情を持つ二重織りメルトンの
チェスタフィールドコートは、
寒い季節に心まで暖かに
ふんわりと包み込んでくれるよう。

オンとオフのワードローブの境目はますます曖昧になる世の中で、
オンの真面目さも、オフの軽やかさも持ち合わせた一着は
どんなシーンにも対応できる頼もしい一面も。

ITEM 02

WOOL CASHMERE BUTTON LESS TRENCH COAT

オーバーサイズのシルエットとボタンレスデザインが
カシミヤの自然なニュアンスを引き立てる

かっちりしたトレンチコートは大人顔コートの定番アイテム。
オーバーサイズのシルエットに、
ボタンレスデザインで際立つドレープ感。
長さのあるドレスにさらっと羽織って、
家の近所を散歩したり食事の買い出しに行ったり。
そんな日常に着ることがおっくうにならない軽さも
このコートの魅力の一つ。
冷たい北風が身体の芯まで届きそうな冬の季節には、
ベルトをぎゅっと絞って襟をたて、レザーのグローブをつけて
颯爽と街へ出かけたい。

明るい白さが見え隠れするカシミヤ混の素材によって、
顔まわりをふんわりと明るくみせてくれるのも嬉しい。

ITEM 03

BONDING COAT

環境に配慮したものづくりを目指すESLOW
が作る、
スタイリッシュな中綿コート

中綿をボンディングした
ミニマルデザインのノーカラーコートは、
接ぎ部分に配した同素材のパイピングや、
バックスタイルに見えるネックダーツなど
さりげない意匠が盛り込まれている。
個性を主張しない高機能アウターは、
首元からジュエリーをのぞかせたり、
ストールやニットキャップで
スタイリングアクセントをつけたり、
どんなスタイルにも寄り添ってくれる汎用性の高さがある。

腰も隠れる安心の着丈は通勤時にも活躍してくれるはずだし、
スポーティーすぎない洗練されたスタイルで
冬のアクティビティーにも出かけたい。
寒くて家に篭っていたくなる季節だけれど、
これにどんなスタイルで出かけようか?と
外出するときの楽しさを
幾度となく思い出させてくれそう。

ITEM 04

TUSSER SILK TWEED
STAND COLLAR COAT

ウールの代わりになるものを目指した
KAPTAIN SUNSHINEのタッサーシルク

ウールに比べて非常に軽く、ロングシーズン対応可能。
そしてシルクならではの経年変化も楽しめる、
そしてウールの代わりになるアウター向けの素材。

BLOOM&BRANCHだけのアイテムとして誕生した
スタンドカラーコートは、
独特のシャリ感や光沢が魅力のタッサーシルクを使用した
ツイード生地で、
スコットランドの古いレインウェアを元に作られている。
襟を立てても、ねかせて裏地のコーデュロイを見せてもよし。
袖をぎゅっと捲り上げてコーデュロイを見せながら
ワークウェアによくあるマチつきのふんわり大きなポケットに
手を突っ込んで
ラフに何年も着続けたい。

ITEM 05

ARLES WOOL TWEED
MIDDLE LENGTH
BALMACAAN COAT

不動の人気のを誇るPhlannèlのバルマカーンコートで
ブリティッシュな空気をまとう

フランス・アルル地方で育てられた
アルルウールを使用したコートは
Phlannèlの顔ともいえるアイテムのひとつ。
今シーズンはブリティッシュな雰囲気を感じる柄を、
アーシーな配色でまとめた大人な佇まい。
毎シーズン改良が繰り返されるこのコートは、
しっとりと重厚感のある見た目とは裏腹にふんわりと軽く、
そしてもっちり柔らか。

ゆとりを持たせたアームホールのおかげでインナーに
着るものを選ばないため、
寒い日には中にたくさん着込めるし、ローゲージの
ボリュームニットでも快適な着心地。

ITEM 06

SUVIN COTTON NYLON TWILL
MA-1 FLIGHT JACKET

王道のフライトジャケットを
モノトーンでシックに着こなす

CIOTAのアイコン素材であるスビンコットンと、
ナイロンを使用したジャケットは、
誰もが知るMA-1まさにそのままのディティール。
きつめに絞られたリブ、特徴的な丸いシルエット、
ゆったりした身幅やアームホールで
どんなボトムスに合わせてもバランスよく着られるため、
デニム、ワイドスラックス、チノ、ベイカー、
はたまたレザーパンツまで
いろいろと合わせたくなってくる。
本家と異なるのは、上質素材を使用しているが故のハリ感、
柔らかさ、洗練された雰囲気。
そしてナイロン100%のジャケットと比べコットンがベース
だからこその、
光沢を抑えた生地の表情が落ち着いた雰囲気を醸し出す。
ブラックはシックにモノトーンでまとめてみると、
これまでとまた違った
MA-1の魅力を見つけられそう。