TOP > ear PAPILLONNER(イア パピヨネ) > ニュース詳細

2020.09.06

ear PAPILLONNER(イア パピヨネ)

SUMIコーデ -9月-







ear AW2020カタログも公開スタートし、秋物新作が続々と入荷する9月。 今月から毎月、ear Buyer SUMIKOよりおすすめコーディネートを”SUMIコーデ”としてご紹介させていただきます。 コーディネートの参考にぜひご覧ください。





9月のポイント

まだまだ暑いけど、もう秋!
夏のままのサンダルや夏っぽいカラーの組み合わせはNG!
押さえておきたいポイントは、、、









PICKUP ITEM
-こちらの4アイテムのコーディネートを紹介します-

袖コンシャスな総柄ブラウス

マスク付き総柄ブラウス ¥14,080(税込)


  • とろみワンピース


    くるみボタンワンピース
    ¥17,600(税込)

  • かっちりベスト


    ベストジャケット
    ¥19,800(税込)


今期のテーマ”MODERN CLASSIC”
クラシックなアイテムとして外せないのが、”ブラウス”と”ワンピース”。膨らんだ袖と柄がクラシカルなムードを高めます。さらに、ベストジャケットもクラシックなアイテム。これらのアイテムを使ってカタログとはまた異なる”MODERN CLASSIC”なコーディネートをご紹介いたします。



SUMIコーデ #1




Q:このブラウスは袖コンシャスで腕回りにボリュームがあります。また、イエローとブラックの大胆な柄、というのも特徴。このアイテムのコーディネートのポイントは??

ボリュームのあるトップスには、髪の毛はタイト。
身長によってボトムスは、平均から低身長さんは、スリムでもワイドでもなくちょうどよいサイズ。
高身長さんはワイドでも◎
靴はシャツの地のカラーに合わせてブラックをチョイス。靴下はシャツのカラーの中からブラックやキャメルなどをチョイスするとバランスよいです。

Q:ベレー帽のかぶり方についてもアドバイスください!

耳を出してかぶる。まっすぐかぶって、後ろに引いて、横に流す。髪はまとめ髪。後ろで縛っても、横でも。

Q:髪型別では??

ボブの方→髪を耳かけて、できれば縛る。縛れないときは、ワックスでタイトにまとめる。
ショートの方→髪を耳にかけて、前髪はタイトに横に流す。



SUMIコーデ #2



Q:#1のコーデではボトムスがストレート~ワイドでしたが、タイトなボトムスではどう合わせたらよいですか?

画像のようにタイトでもフレアパンツの場合は、ヒールありのショートブーツに合わせてタックイン、またはフロントを縛ると、バランスが良く、脚長に見えます!!
タイトでもストレートのボトムの場合は、トップスはそのままの長さで着るのがバランスいいです。

Q:バッグがレッドですが、小物のカラー選びのポイントは?

柄ブラウスのカラーの中から選ぶとまとまります。


#2のコーデを着まわし



ロングベストを合わせたら、足元はスニーカーでカジュアルで。クラシカルなお洋服に、スニーカー、というのが”MODERN CLASSIC"のポイントです。トップスはインしたほうが脚長に見えます。さらに、トップスにインパクトがあるので、シューズは、パンツとカラーを合わせたほうが脚長です!



SUMIコーデ #3



Q:シンプルだけど袖のデザインや全体的に生地のとろみが素敵なワンピース。こちらのコーディネートとポイントを教えてください。

このワンピースはボリュームがあるので、ヘアはタイトなアレンジで。
足元はカジュアルにスニーカーを合わせています。バッグもカジュアルにチェック柄のバッグを合わせています。巾着バッグなどもおすすめです。

Q:足元をスニーカー以外で合わせるときは?

このワンピースなら、足元をショートブーツにするのもおすすめ。バッグもキレイ目なものをチョイスしてください。


#3のコーデを着まわし



このワンピースにボトムスをあわせるときは、、、ボリュームがあるので、ワイドパンツがバランスがいいです。無地でも柄でもOK。ワイドパンツにはロンドンブラウンのタッセルを外して履くのがおすすめです。
低身長さんはボトムスあわせられないので、ウエストマークを。ベルトは同色系の編んだもの(テープ状)などがおすすめです。


Q:このワンピースのコーディネートにはどちらもロンドンブラウンのシューズを着用していましたが、キルトをつけたり外したりしてコーディネートしていました。そのポイントは?

キルト付きで履くときはボトムは短めに、足首出して、靴下とのコーデを楽しんでください。
ワイドパンツや、長め丈のボトムと合わせるときは、キルトなしのほうが足元のバランスが良いです。



SUMIコーデ #4



Q:かっこいいイメージのあるロングベスト。これはどういうコーディネートがおすすめですか?

地厚のベストなので、この時期は半袖などライトな生地感のものと合わせるとバランスが良いです。モノトーンでまとめつつ、ロゴTやアニマル柄で遊び心を。ヘアアレンジのスカーフにはあえてカラーを入れていますが小柄さんや平均身長の方は上に目線がいってスタイルアップ効果が狙えます!


#4のコーデを着まわし



earオリジナルコート”馬刺繍コート”にロングベストを重ね着♪アウターonアウターの着こなしです。最近暖冬などでライトなコートを工夫して長く着たい気分。コートがブラックなので、バッグは好きなカラーで遊んで♪

Q:今回ベストにはタイトなボトムスを合わせていましたが、ワイドパンツをあわせるときのおすすめは?

足元はスニーカー、ロンドンブラウン、ショートブーツなどがおすすめです。
ただし、ロングベストにワイドパンツを合わせるコーディネートは、骨格診断ナチュラルの方のみおすすめです。ストレートやウェーブの方は着られている感やボリュームが出すぎてしまいます。





ご紹介したコーディネートの詳細はこちらから。




このニュースの関連アイテム

このニュースの関連アイテム